お金を貸す事で利益を得る、という貸金の仕組みは、貨幣の誕生後まもなく考えだされました。
勿論、銀行もその一つです。
ですが、銀行というとお金を預ける所だというイメージがあるのではないでしょうか。
一方で貸金というと消費者金融を思い浮かべる方は多いでしょう。
現在でこそ、貸金業は消費者金融やキャッシングという呼び名で身近な物になっていますが、一昔前はサラ金や街金等と呼ばれ、どこか如何わしいイメージすらもたれていました。
そうしたイメージが持たれていたのには、貸金業に対する法的な制度が現在ほど確立されていなかったという時代背景があります。
当時は高い利息を払い切れずに多重債務に陥る方が相次ぎ、サラ金地獄なんていう言葉も生まれました。
そんな中でも誠実に事業を行って来た業者が、現在大手として便利なサービスを提供しているのです。
かつてのイメージを払拭し、お茶の間でキャッシングのテレビCMが流れるのは当たり前になりました。
スマートフォンで簡単に申し込めて、初めての利用では30日間無利息で利用出来るといった利用のしやすさで、ますます便利になるキャッシングサービスは、業界の努力の賜物だと言えるでしょう。