マイホームを新築分譲住宅でとお考えでしたら、兼六不動産がお勧めです。
兼六パークタウンシリーズという名称で提供されているのですが、東京23区を中心に、その周辺エリアに幾つもの数が作られており、多くの方が、これに魅力を感じ移り住んでいるようなのです。
候補地から選択した先の周辺環境を調べ上げ、そこで生活しやすいように、その土地のイメージと合う事等を考えて作られており、兼六パークタウンの中だけのコミュニティーに収まらず、既存の周辺住民の方とも、良好な関係を気づく事ができるでしょう。
例えば練馬区の光が丘でしたら、その地名に合致した「光才空間」というテーマで作られていたり、都内でも有名な小金井公園近くの兼六パークタウン田無では、「陽と緑に映える街」をテーマにデザインされていたりと、それぞれが徹底したリサーチ、プランニングによって開発されているのです。
兼六不動産のこうしたその土地、その土地にふさわしい家作りに共感をもたれたという方は、ぜひ見学されてみてはいかがでしょうか。