テレワーク・リモートワークの存在が注目されている昨今において、サテライトオフィスの存在が一際目を引いています。
このサテライトオフィスとは本社や本店から離れた場所に設置した別のオフィスのことを指しており、従業員が本社の同じように働くことが出来るオフィス環境が整備されているという特徴を持っているのです。
このような存在があることによって、働き方改革が推進されると言われています。

では、どのような点が本社とサテライトオフィスに違いがあるのでしょうか。
まず、本社は事業を進めることを目的としています。
そのため、業務全般を取り扱うことが出来るオフィス機能や組織機能が備わっています。
一方、サテライトオフィスは多様な働き方に対応するための最低限度のオフィス機能を備えています。
そのため、本社で行われる組織機能が備わっていないというケースが少なくありません。

CROSSCOOPでは主要駅近くに点在しているため、従業員がそれぞれ利用しやすいオフィスを選択できるという強みがあります。
また、情報セキュリティ面に関しても顔認証システムや個別施錠の執務室など対策は万全です。
新型コロナウイルス対策などで密を避けるという意味でも、このようなサービスを使うということの重要性が高まっています。

サテライトオフィスとは|クロスコープの法人向けプラン紹介