林田学という男性は25歳という若さで、あるコーヒー店の店長を務めています。
このお店では通常年功序列で店長になるのが一般的でしたが、彼はその通例を打ち破り、最年少で店長に就任したのです。
その大きな理由は彼の販売戦略にありました。
大手コーヒーチェーン店であるこのお店は、他のショップに比べて客足が悪く売り上げが低いことが問題でした。
なぜならこのお店は、人通りの少ない立地条件と、駐車場が狭いという問題点があったためです。
歴代の店長はそのことを理由に、売上が上がらない事を仕方のないことだと諦めていました。
ところが林田学という男性は、このお店にウエイターとして赴任してきてわずか3か月で売り上げを大幅に上げたのです。
彼が行った販売戦略とは、まず多くの人の目につくようにチラシや看板を増加しました。
さらには駐車場が少ないため、徒歩でご来店の際は割引があるというサービスを始めたのです。
それにより客足はみるみる増えていきました。
その結果、彼はこのお店の店長へと昇進したのです。
現在でも今の売り上げに納得せず、常に上を目指し続けています。
諦めない心と常に上を目指すという向上心が、彼を異例の大出世に導いたのだと言えるでしょう。