人や会社などがお金が必要なのに手持ちのお金がない場合は金融機関からお金を借りることによってお金を調達することになります。
そしてお金が必要な場合として考えられるのが個人で事業をしていたり、会社を経営している人が事業資金としてお金が必要になり融資を受けたい場合や、投資用の不動産を購入するための購入資金が必要な場合が考えられます。
しかしお金を融資する金融機関としても何もなしで融資をするというのはリスクがあります。
もし何もなしで融資をしてしまったらもし融資を受けた人の返済が滞っても回収することができなくなってしまうからです。
このため金融機関としては融資をする代わりに何か担保をとります。
そして担保として利用されることが多いのが不動産です。
そして個人事業者や会社経営者が事業資金の融資を受けたり、投資用の不動産を購入するために融資を受ける時に不動産担保ローンが利用されます。